ザ・ファストファッション

ファストファッションの語源はファストフーズだと言われるように、安くて良いものを生活に取り入れたいという庶民の願望を形にしたものがファストファッションだと言えます。
かつては高嶺の花だった高級ブランドを、手軽に楽しみたいという30代女性を中心に爆発的な人気を呼びました。

現在はキッズブランドから男性向け、シニア向けなど幅広い分野で応用されていますが、こうしたファッションがはたしていつごろ始まったのかと言いますと、既存のメーカーから始まっている事からも考えてもいつ頃をスタートと判断すれば良いのかは、これといった決め手がありません。
しかしながら2009年には流行語大賞を獲得している事を考えると、やはりその前後と考えるのが自然です。
歴史という視点から考えるとさほど古い時代ではない事になります。
その頃世界では何が起きていたかと言いますと、アメリカで起きた大不況が世界を駆けめぐり、日本ではバブル崩壊によって経済が致命的なダメージを受けました。
これ以降外食はもちろん買い物を控える傾向が強まり流通が滞ってしまった事は言うまでもありません。

ブランドよりも機能的で手軽なものを国民全体が好むようになり、そのニーズに応えるように既存の大手アパレルメーカーが、安くて高品質なものを提供し始め、デスカウントショップやリサイクルショップが連日賑わう光景がテレビ画面に映し出されるようになります。
こうしたファストファッションの流行に火をつけたのが、人気アイドルタレントや著名人たちでした。
今回は、ファストファッションの歴史についてのお話です。